結婚相手は抽選で 第2話 2018年10月13日

「結婚相手は抽選で 第2話【結婚の条件】」2018年10月13日
《内容》ついに迎えた最初の抽選見合いで、何も喋っていないのにあっという間に断られた龍彦(野村周平)。2人目にも断られ、思い切って拒否理由を聞いてみると、意外な答えが…。
《出演者》野村周平 高梨臨 大谷亮平 佐津川愛美 平山祐介 若村麻由美 栗原美和子 垣谷美雨 関えり香 高橋優 河角直樹 石川淳一

「抽選見合い」の提出書類を前に龍彦(野村周平)は、相手に対して1つだけ、希望条件の記入ができるという項目に何を書くべきか悩んでいた。好美(佐津川愛美)は、酒乱の父親に苦しんできた母・あき恵(山口美也子)を反面教師に「飲酒しない人」と記入、嵐望(大谷亮平)は「母性の強い人」と書き込んだ。さらに恋人の嵐望にふられた奈々(高梨臨)は、祖母・紅子(冨田恵子)から、できるだけ難しい条件を書いて無効に持ち込む
作戦を取るべきだと言われていた。 抽選見合い当日、最初の見合いを前に心臓が高鳴る龍彦。しかし相手は龍彦のスマホのアニメの待ち受け画面を見るなり引き気味。突然体調不良を理由に帰ってしまった。案の定事務局を通じ“性格の不一致"と断られた龍彦は、喋ってもいないのに…と落ち込むのだった。一方奈々は、相手が希望条件に合わないと無効を訴えるが、事務局から条件が抽象的すぎることを理由に「拒否」と判定される。
2週間後、龍彦は2人目の相手と抽選見合いに臨んでいた。龍彦より5歳年上の不動怜子(富山えり子)は一流企業のエリートだが、見た目はお世辞にも良いとは言えない。その怜子からも断られた龍彦はさらに落ち込むが、断られた理由を本人から聞きたいと思い切って連絡する。そして後日怜子に会った龍彦は、意外な理由を聞くことになり…。
宮坂龍彦: 野村周平  冬村奈々: 高梨臨  銀林嵐望: 大谷亮平  鈴掛好美: 佐津川愛美  ・  山口一朗太: 平山祐介  小野寺友紀子: 若村麻由美

↓↓ランキングバナーをポチポチして頂けると嬉しいです(^▽^)↓↓
にほんブログ村 動画紹介ブログ テレビ・ドラマ動画へ 動画ランキング

Comments are closed