結婚相手は抽選で 第6話 2018年11月10日

「結婚相手は抽選で 第6話【法律に反抗開始!】」2018年11月10日
《内容》龍彦(野村周平)は「抽選見合い結婚法」の被害者を増やさないよう、法律の改定を目指し上申書を作成。ひかり(大西礼芳)の協力もあり、その行動は次第に具体化していく。
《出演者》野村周平 高梨臨 大谷亮平 佐津川愛美 平山祐介 若村麻由美 栗原美和子 垣谷美雨 関えり香 高橋優 河角直樹 石川淳一

龍彦(野村周平)は、性的マイノリティの社会的現状について真剣に調べ始め、「抽選見合い結婚法」の被害者をこれ以上増やさないよう、改定案の上申書を作成。さらに龍彦は上申書を見てもらうため、以前からその記事に注目していたフリージャーナリストのひかり(大西礼芳)に会った。ひかりは内容に共感し、会話するうちに龍彦が自分の愛読するブログの主宰「たっちゃん」であることに気付く。そして、上申書を持ってある行動に出
る。 そんな中奈々(高梨臨)は、龍彦と最後に会ってから1週間以上連絡がないことに苛立っていた。そして、幼いころに亡くなった母親との思い出が詰まった自宅をリフォームするという話を聞き、激しく動揺する。 一方、嵐望(大谷亮平)から、「お母さんに紹介して欲しい」と告げられた好美(佐津川愛美)は、母・あき恵(山口美也子)を東京に呼び寄せた。嵐望を交えた食事会の日、その場では結婚を承諾したあき恵。
しかし好美には「あの男は信用できん」と、結婚を断るようにと言うのだった。 その頃、ようやく奈々に連絡した龍彦は、自分が決めた居酒屋で再会していた。いつものようにマイ箸を使おうとすると、強引に店の箸で食べさせる奈々に感謝する龍彦。そんな奈々も龍彦に自然と家族の話をし、悩みを打ち明けて涙を流す。変わりたいのに変われない。テロ撲滅隊にも行きたくない…。リーチ女であることを告白した奈々は、龍彦に…。
宮坂龍彦: 野村周平  冬村奈々: 高梨臨  銀林嵐望: 大谷亮平  鈴掛好美: 佐津川愛美  ・  山口一朗太: 平山祐介  小野寺友紀子: 若村麻由美

↓↓ランキングバナーをポチポチして頂けると嬉しいです(^▽^)↓↓
にほんブログ村 動画紹介ブログ テレビ・ドラマ動画へ 動画ランキング

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください