コンフィデンスマンJP 第7話 2018年5月21日

「コンフィデンスマンJP 第7話【長澤まさみVS竜雷太!前田敦子&中尾明慶】」2018年5月21日
《内容》今夜の標的は老い先短い極道の親分(竜雷太)!鎌倉の大豪邸にダー子(長澤まさみ)が潜入し、金庫に眠る遺産をめぐる骨肉の争奪戦!副音声には古沢良太が参戦!
《出演者》長澤まさみ 東出昌大 小日向文世 小手伸也 竜雷太 岡田義徳 桜井ユキ 古沢良太 田中亮 金井紘 三橋利行 Official髭男dism

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は、リチャード(小日向文世)の知り合いで、服役中の矢島理花(佐津川愛美)という女性が資産家の末娘であることを知る。 理花の父親は、鎌倉に住む資産家で現在闘病中の与論要造(竜雷太)という男だった。五十嵐(小手伸也)によれば、その正体は違法すれすれの株式操作で荒稼ぎしていた経済ヤクザだという。理花は要造が愛人に産ませた子どもだったため、
母親や兄姉からひどいいじめを受けていたらしい。ゆえに理花は10歳のときに要造のもとを離れて実母のところに戻ったものの、結局17歳でその家も飛び出してしまっていた。 理花と面会したダー子は、彼女が要造の家を出て以来18年もの間、一度も連絡を取っていなかったことを知ると、理花に成りすまして要造のもとを訪ねる。理花の兄・祐弥(岡田義徳)と姉の弥栄(桜井ユキ)は、突然現れたダー子に疑いの目を向けていた。
そんななか、ボクちゃんは、ダー子が要造に話した作り話のせいで、理花を振った造り酒屋の息子役を演じる羽目になり……。
長澤まさみ  東出昌大  小日向文世  小手伸也  〈第7話ゲスト〉 竜雷太  岡田義徳  桜井ユキ

↓↓ランキングバナーをポチポチして頂けると嬉しいです(^▽^)↓↓
にほんブログ村 動画紹介ブログ テレビ・ドラマ動画へ 動画ランキング

Comments are closed